デザインから素材まで!看板制作で迷った時は専門の業者に相談

デザインから素材まで!看板制作で迷った時は専門の業者に相談

看板

看板制作の流れ

看板作りの流れは、どんな看板を作ればよいか問い合わせから始まります。見積もり(概算)打ち合わせ後、詳細使用を詰めてから、再度、より正確な見積もりを出して、双方が納得の上で制作作業に入ります。
次に、色合や素材などを含めて、どんなデザインで制作するか、イメージの確認をします。制作現場に出向き、デザインデータを見ながら打ち合わせすると情報共有も万全です。その後、看板制作に入り、現場に看板の設置をする段取りとなります。

電子看板のメリット

アナログの看板と比較して、デジタル表示を駆使した電子看板の需要が増えてきています。構造がシンプルで大規模な工事が不要。小型化・軽量化されてきており、設置場所を選ばず、運用管理が楽といったメリットがあります。
動きのある表示系と、インターネットを介したリアル・タイム情報を配信できるため、情報の同時性が確保されます。多くの人へ広く訴求しますので、宣伝効果が素晴らしいのが特長です。

看板によく使われる素材

看板に使用される素材として、よく使われるのは、アルミやアクリルです。アルミは、軽いことや錆びない特性がありますので、設置やメンテナンスが楽です。その他に、ステンレスが錆びにくく腐らないために広く使われています。光沢があり高級感がありますので、店先の看板などブランドイメージを演出する目的で活用されます。スチールは、錆びやすいので表面処理を施して使います。木材は水に弱いので、表面処理に気を使います。

デザインや素材で困ったときには相談しよう

紙袋のデザインが決められない、どんな素材を選定すれば良いか分からない場合は、専門の制作会社に相談すれば、適切なアドバイスがもらえます。コストを抑えつつデザイン性を求めるためには、優秀な業者を選定することが重要です。

広告募集中