A4サイズが人気!使い勝手の良い紙袋の大きさとは

どの加工を選ぶ?ラミネート加工と箔押し加工の良さを比較

美しさ・仕上がりについて

箔押しは、インクなどの溶剤を使った印刷では出すことができない、キラキラした金属光沢が得られます。ラミネート加工は、紙から美しいプラスチック製品となります。箔押し加工した個所に、さらにラミネート加工すると、目立たせるとともに表面を保護することができます。

材質・耐久性について比較

箔押しは、鉄、真鍮、銅などの材料を、熱と圧で転写しますので、剥がれにくい特性があります。一方、ラミネート加工は、色落ちがなく耐久性に優れます。また、プラスチック化したことにより、汚れや水濡れなど紙が本来持っている欠点を解消しています。

A4サイズが人気!使い勝手の良い紙袋の大きさとは

紙袋

配る資料のサイズに合う紙袋

イベントや展示会で配布する資料のサイズに合った紙袋を使いたいニーズがあります。汎用的なサイズであるA4を使うのが一般的ですが、配布する資料によってはA4以外のサイズとなることもあります。
そこで、できるだけ資料のサイズに合わせて配布するために、制作依頼を出す業者が様々なサイズに対応していると便利です。業者選定の際の一つの条件にすると、良いでしょう。

セミオーダーでコスト削減

紙袋制作を業者に依頼する際に、フルオーダーで全部お任せするのではなくセミオーダー方式を選択するとコスト低減が可能です。あらかじめ規格化された仕様で、大量生産された紙袋から、希望するイメージに近いものを選択するスタイルです。
すでに量産効果によって、コスト低減されている紙袋を使って、希望のデザインとしますので、仕上がりの良さとコスト低減を両立するメリットがあります。

A4ぴったりサイズを選べば無駄がなくなる

資料やカタログはA4サイズであることが多く、収納する紙袋も汎用的なサイズとして広く使われている、このサイズに合わせることで材料を無駄にしません。かかるコストを最適化することで、余計にな費用の発生を抑えるメリットがあります。

広告募集中