A4紙袋をオーダーするなら自社工場を有する業者がおすすめ

A4紙袋をオーダーするなら自社工場を有する業者がおすすめ

紙袋

温かみのある紙袋をオーダーするには?

自然でナチュラルな質感の紙袋が欲しいなら、漂白処理を施していない茶色クラフト紙を使ってみると良いでしょう。表面は光沢がなく、素朴な印象を受けますが、素朴で温かみを感じるのが特長です。手提げ紐の素材には、晒クラフト紙を選択すると、紙袋本体との相性がぴったりです。

業者に対して、自然で温かみのある紙袋をオーダーするなら、茶色クラフト紙を希望すればOKです。デザインしだいでは、レトロ感があったり、親しみやすい質感を実現でき、魅力のある紙袋に仕上げることができるのが魅力です。しかも安価で利用できますので、大量に作りたい方に好都合です。

小ロットからもオーダーできる

紙袋の制作を依頼した場合に、製造技術が進展する前までは、ロット単位の枚数を少ない注文を受付けてくれる業者は少ない状況でした。しかし、製造技術の進歩によって、小ロットの注文を対応できるようになっています。自社工場を持つ優良業者であれば、中間業者が介在しませんので短期納入も可能です。

例えば、急なイベントでオリジナルデザインの紙袋を、少量だけ必要となった場合、イベント終了までに納入を完了することも可能となっています。ただし、ロットあたり1000枚を下回ると単価が高くなりがちですので注意が必要です。継続して取引をすることで、価格交渉ができるようになれば改善できる余地があります。

汎用性の高いA4サイズなら使いやすい

イベントでもらうカタログや資料はA4サイズであることが多く、紙袋のサイズをA4にすることで、便利に活用できます。また、持ち運びや携帯性に優れており、他の用途にも使える汎用性があります。例えば、マチが狭くなっているため、シャツを入れてもシワが寄りにくいメリットがあります。

広告募集中